手取り15万円でローン返済を軽減する方法

キャッシングベスト3

手取り15万円の収入で月5万円のローン返済を軽減する方法とは

私は26歳のサラリーマンですが、車の事故で金融会社からお金を借りて毎月5万円返済しています。収入は手取りで15万円、家賃が5万円と苦しい生活をしています。
金融会社への返済方法を変更するなどして毎月の返済負担を軽減できる方法はないでしょうか。

返済期間の変更か借り換えなどで毎月の返済負担を軽減できます

金融会社のカードローンなどによる毎月の多額の返済で苦労している方も多いですが、返済期間を延長したり、より返済負担の小さくなる有利な借入先へ変更したりすれば、毎月の返済額を減少させ一定の生活水準を維持しながら返済を進めることができます。

しかし、多くの方は成り行きに任せることが多く積極的には負担軽減への行動をとろうとしないのが実情です。逆に多額の返済により生活が維持できなくなった分を新たに借入れして、借金が膨らんでしまうという悪循環に陥る方も珍しくありません。こうなると容易には完済することができなくなり自己破産ということも現実味を帯びてきます。

このような事態になる前に返済の方法に関するさまざまな情報を入手して、毎月の返済負担を軽減しながら確実に完済できる方法を探らねばならいのです。返済が苦しいと思ったら直ぐに返済の方法を見直すアクションをとるのです。

まず、返済期間を見直して毎月の返済額をどれくらいまで下げられるかを確認するのがよいでしょう。例えば、残金100万円を年率18%、残り24回払いで返済する契約をしていたら、毎月の返済額は約5万円ですが、これを残り36回払いに変更すると、約36000円に下がります。どうでしょう?これならかなり返済が楽になるのではないでしょうか。

しかし、返済期間が長期化するためその分多くの利息を支払うことになり、ある意味損をすることになるともいえます。もしこれを少しでも軽減したいなら、借入先の変更を試みるべきです。もちろんあなたの信用状況にもよりますが可能性はあるので有利な借入先がないか徹底的に探してみるべきです。

例えば、先ほどの例にあてはめて示すと、残金100万円を年率12%で借り換えしたら、24回払いで約47000円、36回払いで約33200円になります。回数を減らさず金利を5%下げることができたら毎月の返済額は約3000円減少しますが、減少幅が小さいと感じたら支払回数を増やし効果を高めることもできます。

とにかく何もアクションを起こさず成り行きで現状の支払いを続けていても苦しいだけで状況が悪化するかもしれません。そうなる前に是非、何らかの手立てを講じる努力をしてください。

手取り15万円でのローン計画

毎月の給料が少なくて貯金もそれほどないけど様々な理由でまとまったお金が必要になったときにどうすればよいでしょうか。そのようなときに知人からお金を借りられない場合はローンを組むということになりますが、ローンを組めば当然おことですが利息を含めた金額の返済が必要になります。

また、手取りが少ないと大手銀子など金利の安いところからお金を借りるのは難しいかもしれませんので、比較的金利の高い消費者金融などから借りることになってしまいます。ローン地獄に陥らないためにもよく考える必要があります。仮に毎月の給料が手取り15万円とすると毎月の返済はいくらまで可能でしょうか。

人それぞれの生活スタイルによりますので単純にいくらとは決められませんが、まず先に返済計画を立ててからローンを組む必要があると思います。生活費は日々必要なものですので手取りの15万円から家賃、食費、光熱費、お小遣いなどの必要な生活を引いた金額が毎月返済可能な金額になりますから、余裕を持って返済できる金額となると2万円程度でしょうか。また、法律上年収の三分の一までしか借りることはできませんので、それらのことからローンが組める金額も決まってきます。

また、ローンを組む際に何のためにお金が必要かが重要です。仕事のために車を買うことで収入のアップが見込める、自分のスキルを上げるために留学するなど後に得るものがあるのかです。生活費のためにお金を借りるのはもってのほかです。生活費などの消費資金はいずれ使ってしまうお金ですので、このようなことでお金を借りるのは直ぐにまたお金を借りる必要が出てきますのでローン地獄に陥る可能があり非常に危険です。

毎月の手取りが少なく心配だけれどもどうしてもローンを組みたいときは、家計簿を付けるなどして生活費を把握してから生活費の見直しを行い余裕をもって返済できる金額でローンを組みましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【秘密厳守!】誰にも分からずお金を借りたい人の為の金融紹介! All Rights Reserved.